ウーマン

香典返しの品物に迷った際はカタログなどを参考にしましょう

感謝の気持ちとして渡す

香典返し

当日返すことが多い

香典をいただいたお礼として品物などを贈ることを香典返しと言います。仏式の場合は、四十九日が済んだ後、忌明けの挨拶状を添えて送ることが多くなっています。しかし、最近はお通夜や告別式の当日、いただいた香典の金額にかかわらず2千円から3千円程度の香典返しを手渡すことが多くなっていて、これは即日返しと呼ばれています。これは香典の整理をしたり、品物を選んで贈らなければならない遺族の負担を軽減することができます。香典返しとして贈る品物の金額は、香典の半額から3分の1程度が一般的です。しかし、即日返しは金額が一律の品物になってしまうので、高額な香典を渡した人には、忌明け後に相応の品物を別に贈ると良いでしょう。

しなくても良い場合がある

本来香典には遺族にかかる経済的な負担を助けるという意味があります。その点をふまえると、香典返しは必ずしなくてはならないというわけではありません。特に一家の生計を担っていた人が亡くなった場合には、いただいた香典は遺族の生活費などに充ててもかまいません。また、故人の意志で香典を福祉施設などに寄付した場合も香典返しをする必要はありません。しかし、故人や遺族の意志から寄付を行った場合には、その旨を明らかにして、挨拶状はきちんと送ることが望まれます。前述した理由以外の場合には、故人の生前のお付き合いやお悔やみをいただいたことに対しての感謝の気持ちを表すことが大切です。最近はカタログギフトなども充実しているので、品物をそれぞれに選ぶ必要がない香典返しもあります。品物選びが負担な場合はカタログギフトも最適なようです。

感謝を伝えたい

家族

子や孫の世代からお礼の気持ちとこれからも元気でいてほしいという願いを込めたプレゼントを敬老の日に贈ることが多くなっています。祖父母や親には日頃なかなか感謝の気持ちを伝えることが難しいので、祝日やイベントなどを利用してその気持ちを伝えるのも良いでしょう。

もっと読む

お祝い返しや贈り物に最適

カタログ

お祝い返しや贈り物にカタログギフトを選んでみましょう。何を選んだらよいか迷うことなく贈れますし、受け取った人は好きなものが選べます。その際は送料や包装に関することを確認すると、安心して贈ることができます。また、カタログギフトにはさまざまなタイプがありますので、予算や相手の好みに合わせて選べます。

もっと読む

お洒落な物を贈る

家族

彼氏への誕生日プレゼントとしては、ブランド物の時計や財布などが定番です。デザインや材質も優れています。最近では男性用のコスメもあるので、男女兼用のコスメを贈るのもいいでしょう。一緒に使うことで愛情が深まります。

もっと読む