感謝を伝えたい|香典返しの品物に迷った際はカタログなどを参考にしましょう
ギフト

香典返しの品物に迷った際はカタログなどを参考にしましょう

感謝を伝えたい

家族

好みに合わせる

最近は祖父母と離れて暮らしている人のほうが多いかもしれません。以前のように三世代での同居は少なくなっており、都市部では集合住宅などの空間が限られた住まいであることが多いため、物理的にも祖父母と暮らすというのは難しくなっています。そのため、離れて暮らしている分季節ごとのイベントなどは一緒に祝おうという傾向が強くなっているようです。普段子どもや孫というのはお祝いをしてもらう立場ですが、敬老の日というのはお年寄りを敬う日となっており、祖父母や親に感謝をする日として広く認知されています。その敬老の日にプレゼントをするというのがこの日の祝い方として主流になってきているようです。プレゼントは祖父母や親にしてみればなんでもうれしいそうですが、やはり喜んでもらうためには、それぞれの好みを考えてから選んだほうが良いでしょう。

みんなで祝う

敬老の日は国民の祝日のひとつとなっており、従来は9月の15日に制定されていました。近年は連休にするということから、その前後に設けられるようになっています。1966年に制定された祝日で、お年寄りに感謝し、敬うことを意識する日としてとらえられているようです。少し前まで敬老の日というのは目立った祝日ではありませんでした。しかし、最近になって祖父母や親の世代との交流が大事だという考え方が広まったため、その日を一緒に祝おうという傾向が強くなっています。一緒にちょっと良いレストランに食事に行ったり、健康でいるためのプレゼントなどをすることも多いようです。誕生日のプレゼントとは異なり、日頃の感謝とお礼をこめた、これからも元気でいてほしいという意味合いが感じられるものを選ぶことが多くなっています。